忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[12/04 東雲 小梟]
[12/03 黒薔薇]
[11/25 東雲 小梟]
[11/25 黒薔薇]
[11/25 イシュリル]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小梟
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/20)
(11/15)
(11/16)
(11/17)
(11/18)
カウンター
アクセス解析
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 東雲の日記

我が家ではオーボーとアムアムを植えている。
大体来年の如月……いや、遅くとも卯月までには少々まとまった金を必要とするため、オーボーを植えている。
アムアムに関しては農作業の知恵をつけるためと、近所づきあいという奴だ。
とはいえ、そろそろめぼしい人間にも配り終えたので、次からはこれもオーボーを植えるかもしれない。
ウルルとやらもいいそうなのだが、どうやら世界的需要はオーボーにあるようだ……

さて、明日は冬至である。農作業をしていてすっかり忘れたが、この世界でも柚子はよく植えられているのだろうか。
食材としてはあがるようだから、あるとは思うが……世話になっている事だし、姫神さんや空耶さんにゆず風呂などを馳走するのもよいだろう。
明日あたり、市場を除くとしよう。

 以下中の人


風邪はほぼ快癒。薬による眠気以外はほぼ問題なし。

さて、本日帰り道に本を買う。
といっても漫画本で、帰り道に読める程度だった。
「影武者徳川家康」愛蔵版といっていいのか、大判の三巻と「義風堂々!」の一巻。
共に隆慶一郎を原作とする漫画である。

……もっとも、後者の義風堂々は隆慶一郎の「一夢庵風流記」を原作とした「花の慶次」の続編というような形だから、隆慶一郎原作といっていいのかどうかは知らない。
原哲夫原作とあるから、そちらが主か……
とはいえ、どちらも面白い作品だった。後者の義風堂々は絵柄の割にコミカルな描写が随所に見うけられるが、最近の作風といっていい。
前者の影武者徳川家康は流石の重鎮。かつて大人気を博した作品だけあって、色あせぬ面白さがあった。
……浪人日記も、これほど面白く描ければよいのだけど。続きを書かねば。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]